参考文献はこちら

2011年03月20日

とりあえず、青鷺火

aosagibi.jpg

青鷺火(あおさぎび)

鳥山石燕著『今昔画図続百鬼』には
「青鷺の年を経しは、
 夜飛ときはかならず其羽ひかるもの也。
 目の光に映じ、
 觜とがりてすさまじきと也」
と記され、光る鷺の姿が描かれている。

大和国
――現在の奈良県に「化け柳」と呼ばれる青白い火が見える柳があり、
雨の日には一層青味を帯び、木全体が青白く光ったという。

これは青鷺が起した怪であるといわれている。

『桃山人夜話 絵本百物語』では
「五位の光(ごいのひかり)」
が紹介されており
「此鷺五位のくらゐをさづかりし故にや
 夜は光ありてあたりを照せり」
とある。

五位鷺が夜に飛ぶと光り火のように見え、
月夜には最も明るくなり、
大きなものが岸辺に立つと人が立っているように見えるため、
妖怪と見間違えて驚くであろうと『和漢三才図会』にある。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。