参考文献はこちら

2011年03月18日

とりあえず、輪入道

wanyuudou.jpg

輪入道(わにゅうどう)

鳥山石燕著『今昔画図続百鬼』に
燃えている牛車の車に入道の顔がついた姿で描かれている。

この姿を見た者は魂を失うといわれているが
「此所勝母の里」
と紙に書いて、家の戸に貼っておけば
近寄ってこないといわれている。

国書刊行会の説明に
「孔子の門人で、
 孝子として知られる曽子は、
 母に勝つの名を嫌って、
 勝母の里に足をふみ入れなかった(『史記』「鄒陽列伝」)。
 これが護符の呪文になったというのである」
と記されている。

京都の東洞院通りに出たといわれているが、
片輪車が元になったといわれている。

輪入道を覗き見た女は
引き千切られた人間の足がぶら下がっているのを見るが、
輪入道が自分より我が子を見ろというので、
驚き見てみると、
子の足が引き千切られていたという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。