参考文献はこちら

2011年03月08日

とりあえず、山爺

yamajijii.jpg

山爺(やまじじい)

「山父(やまちち)」
とも呼ばれる山に棲む妖怪で、
一つ目で一本足、強靭な顎を持ち、
蓑の様なものを着ており、
背丈は三四尺ほどで、
全身にねずみ色の短い毛が生えているともいわれている。

また目は二つあるが、
片方が以上に小さく、
一見すると一つ目に見えるともいわれている。

また大声の持ち主で、
その叫び声は木の葉をふるい落とし、
石をも動かすことが出来るという。

猟師に叫び声対決を挑み、
耳元で鉄砲を鳴らされ、
打ち負かされるという話も伝わっている。

強靭な顎は猪や猿などを
まるで大根を食べるかのようにかじることができるという。

そのため狼も恐れて近寄らないため、
動物の骨を山爺に与えて手なずけ山小屋に置いておき、
狼が獣の皮を盗むのを防いでいたという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。