参考文献はこちら

2011年03月07日

とりあえず、幽谷響

yamabiko.jpg

幽谷響(やまびこ)

山で大きな音を出すと
跳ね返って帰ってくる現象をやまびこと呼ぶが、
昔は妖怪である
「幽谷響」
が叫び返していると考えられていた。

「山彦」
「空谷響」
とも表記する。

鳥山石燕著『画図百鬼夜行』では
獣様な姿で描かれており、
地域によっては一本足の小僧のような姿をしているともいわれている。

高知県幡多郡橋上村
――現在の宿毛市の楠山では
昼夜問わずに深山で突然聞こえる恐ろしい声を
「山彦」
と呼んでいたという。

鳥取県では
「呼子」
「呼子鳥」
と呼び、
九州地方では
「おぶらけそうけ」
と呼び、
静岡県では
「山の小僧」
と呼ぶという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。