参考文献はこちら

2011年02月14日

とりあえず、貧乏神

binbougami.jpg

貧乏神(びんぼうがみ)

全国各地に伝わる
貧乏をもたらすという神様で
「窮鬼(きゅうき)」
とも呼ばれ、
ぼろを着た小汚い爺のような姿で描かれることが多い。

怠け者の家に憑くことが多く、
清く正しく働いていれば貧乏神自ら出て行くこともある。

また貧乏ではあるが健康に過ごせたことを感謝し、
貧乏神を神様として祀ったところ、
福の神に転じたという話も残っている。

民間伝承では囲炉裏と関係した俗信が多く、
愛媛県北宇和郡では囲炉裏の火を掘りすぎると
貧乏神を掘り当ててしまうといわれている。

新潟県岩船郡では、
年越しの夜に囲炉裏で大火を焚くと、
貧乏神が熱がって出て行き、
代わりに福の神がやってくるといわれている。

途中
私事や
ちょっと一休みや
浪小僧被りや
更新ミスで
抜けた日もありましたが、
ほぼ毎日一年間描き続けられました。

記念絵なんかはございませんが、
やっと一区切りな感じなので
記念書き込み。

一周年目の妖怪が「貧乏神」って
なんかある意味すばらしい(笑)。

妖怪の数は大体360体。
次に目指すは1000体?

ではまた、次の黄昏時にて……。





posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。