参考文献はこちら

2011年02月13日

とりあえず、ビジンサマ

bijinsama.jpg

ビジンサマ

長野県茅野市と北佐久郡立科町を跨ぐ
蓼科山に住んでいるといわれている。

見た人によれば
その姿は丸い球体のようであり、
下に青色や赤色の紙細工のような
びらびらとしたものがぶら下がっており、
黒雲に包まれて、
空中に浮いていた。

大きさは両手で抱えられないほどの大きさで、
木の唸るような音がしたという。

このビジンサマが通る日は、
山で仕事をする皆は山仕事をやめるという。

山神信仰では
山神の祭日などに山仕事をやめる風習があることから、
ビジンサマも山神の類だといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。