参考文献はこちら

2011年01月31日

とりあえず、塗坊

nuribou.jpg

塗坊(ぬりぼう)

長崎県壱岐市の壱岐島の山に出るという妖怪で、
夜の山道を歩いてるとヌッと突然現れるといわれている。

形も出現場所もはっきりとしていない。

棒で払ったり、
一息ついて煙草を吸ったりすると、
気付いたときには消えているという。

「塗壁」と同種の妖怪だと思われる。

水木しげる著『図説日本妖怪大全』によれば、
紀州――
現在の和歌山県の城下にも同種の妖怪が出たという。

宇野仙庵という外科医がおり、
仕事で遅くなり夜道を歩いていたところ、
途中で茂った大木のようなものが、
道の真ん中に居るのが見えた。

ぼんやりとした姿で、
こちらの歩きと同じように歩いてくるが、
自宅近くの四辻に来たところで消えたという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。