参考文献はこちら

2011年01月30日

とりあえず、磯女

isoonnna.jpg

磯女(いそおんな)

主に九州各地に出るという海の妖怪で、
乳より上が人間で下が幽霊のように流れているといわれており、
船を襲い人の生き血を吸うという。

下半身が蛇のようであったり、
後ろから見ると岩のように見えるものもいる。

絶世の美女だが、
声を掛けると鼓膜を刺すような声で叫び、
黒い髪を伸ばして生き血を吸い、
吸われた者は死んでしまうといわれている。

夜中にとも綱を伝って船に上ってくるので、
この辺りの漁師は、
見知らぬ土地に碇泊するときは碇だけを投げ、
とも綱はとらないという。

また苫や着物の上に毛を三本載せておいたり、
漁師家の屋根の藁を三本持って行けば襲われないといわれている。

海から現れ笑い、付きまとってくる「濡れ女子」も同種の妖怪である。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。