参考文献はこちら

2011年01月28日

とりあえず、鵺

nue.jpg

鵺(ぬえ)

仁平の頃、天皇が毎晩のように怯えるが、
高僧の秘法を持ってしても治らない。

毎晩のように御殿の上に現れる
黒雲が原因だとわかり、
源三位頼政が黒雲の中に怪物を見つけ
矢を射って打ち落としたという。

それは頭が猿で
体が狸、
手足が虎で
尻尾が蛇、
鳴き声は鵺
――夜中や夜明けに寂しげな声で鳴くトラツグミという鳥のこと――
の怪物であった。

本来の怪物の名前は不明であるが、
鵺が名前として定着している。

死体はうつぼ舟に乗せられ川へ流され、
流れ着いた先という
大阪府大阪市都島区や
兵庫県芦屋市で埋葬され、
祟りを恐れ鵺塚を造ったとされる。

頭が猫、
体が鶏の姿で、
目は大きく不気味に光る鵺も現れたことがあるといわれている。

掴み所のない怪人物を鵺的人物ともいう。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。