参考文献はこちら

2011年01月25日

とりあえず、人形の霊

ningyounorei.jpg

人形の霊(にんぎょうのれい)

『桃山人夜話 絵本百物語』には
「夜の楽屋」
という題で人形の怪が紹介されている。

野呂松三左衛門の人形を跨いだ者が瘧を患い、
人形に詫びると治ったということがあった。

また夜の楽屋で
高師直(こうのもろなお)と
塩治判官(えんやはんがん)の人形が
争ったことがあり、
丑三つ時に目撃できるともいわれている。

水木しげる著『図説日本妖怪大全』に
浄瑠璃の人形と恋に落ちた娘の話が載っている。

娘と何時も共に居た人形が娘の祝言のときに現れ、
娘の膝にしがみ付いたという。

父親は人形を割って埋めたが、
娘はそれから大熱を出し、
あるとき人形の埋まっていたところに
片腕を突き刺した状態で死んでいたという。

娘と人形は共に手厚く葬られ、
そこは「人形塚」と名づけられたという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。