参考文献はこちら

2011年01月17日

とりあえず、道通さま

doutuusama.jpg

道通さま(どうつうさま)

島根では
「トンバイ」
広島では
「トウビョウ」
と呼ばれる、
頚部に白または薄黄色の輪のある
黒い色をした蛇の妖怪で、
神に近い存在。

祟りを起したり、
人に憑いたりする。

岡山県笠岡市にある道通神社は
猿田彦命を祀っているが、
道通さまの神社という意味もある。

ある女房が夫に浮気されたのを恨み、
道通さまに浮気相手を呪い殺して欲しいと願った。

すると浮気相手は肺炎のような病で亡くなったが、
女房の二人の娘が原因不明の病にかかった。

病になってから
家の中に小さな蛇が
家の至る所で見られるようになった。

娘の喉や腹から鳴き声の様な音が聞こえ、
亡くなると蛇は道通神社へと帰っていったという。

神社の裏手に奉納された
小さな家が集落をなしており、
蛇の好物の卵などが供えられている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。