参考文献はこちら

2011年01月08日

とりあえず、鉄鼠

tesso.jpg

鉄鼠(てっそ)

鳥山石燕著『画図百鬼夜行』に
「頼豪の霊鼠と化と、世にしる所也」
とある大鼠の妖怪。

頼豪は三井寺の僧で、
白河天皇の皇子誕生のために祈祷を行い、
その褒美に戒壇建立を願った。

この時代、
山門比叡山延暦寺と
寺門三井寺は対立しており、
無事皇子が産まれたのだが、
延暦寺を恐れた白河天皇は約束を破った。

頼豪は怒り、断食の行をし、
皇子を魔道に道連れにして共に死に、
その霊魂は大鼠となり、
無数の鼠を引き連れ、
比叡山の経典を食い破った。

延暦寺は怨霊を沈めるために、
東坂本に頼豪を祀り、
その社は鼠の秀倉(ひでくら)と呼ばれる。

栃木県の伝説では、
頼豪は延暦寺を襲った後に諸国にまで害を及ぼしたが、
現在の栃木県小山市土塔で勝軍地蔵に封じられ、
そこは
「来鼠塚(らいそづか)」
と呼ばれ、現在もあるという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。