参考文献はこちら

2010年12月28日

とりあえず、たくろう火

takuroubi.jpg

たくろう火

『芸藩通志』にある、
広島御調郡の海上に現れるという怪火。

二つの怪火が並んで現れることから
「比べ火」
とも呼ばれる。

瀬戸内海を小船で往来する人々には
良く知られていた怪火だというが、
現在は土地の古老にも知られておらず、
古い書物だけに残ると
水木しげる著『図説日本妖怪大全』にある。

古代の神が関係あるらしいことや、
悲惨の死を遂げた二人の女が
「京女郎」
「筑紫女郎」
と呼ばれる二つ並んだ石と化し、
その霊が
「たくろう火」
となって現れるということも記述されている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。