参考文献はこちら

2010年12月05日

とりあえず、シズカモチ

sizukamoti.jpg

シズカモチ

「静か餅」と表記し、
栃木県益子地域に伝わる怪異で
夜になると遠方から餅の粉をはたくような音が聞こえてくる。

別名「隠れ里の米搗き」といい、
聞こえる人と聞こえない人がおり、
聞こえた人は長者になるといわれている。

音が近づくことを餅に搗き込まれる、
遠ざかるのを搗き出されるといい、
搗き込まれれば運が向き、
箕を後ろ手に出せば財産が入るといわれているが、
搗き出されれば運が衰えるという。

同様の怪異にアイヌに「粟搗き音」がある。

炉端で寝ていると地中から粟を搗く音が聞こえてくることがあり、
その年は豊作になるという。

戸外から聞こえてくることもあり、
臼に綿を入れて搗く音のときは豊作だが、
空臼を搗く音だと冷害により不作になるといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。