参考文献はこちら

2010年11月12日

とりあえず、ゲドガキのバケモン

gedogakinobakemon.jpg

ゲドガキのバケモン

長崎県二本楠と玉之浦字荒川との間に
ゲドガキという場所があり、
そこにバケモンが出たという。

玉之浦中州に丑松という子がおり、
ある夜はげしく泣くので父親が、
そんなに泣くとゲドガキのバケモンに食わせるぞ、
というと戸外から
なら食わせろ
と現れた。

父親は驚き、
その場しのぎに
一人前になったらやると約束してしまった。

丑松が成長し一人前になったとき、
酒樽を担いでゲドガキを歩いていると、
バケモンが現れ、
汝を父からもらったぞと、
襲われ食べられてしまったという。

その夜バケモンは丑松の家に現れ、
汝の子はもらったぞと告げたという。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。