参考文献はこちら

2010年11月05日

とりあえず、縊れ鬼

kubireoni.jpg

縊れ鬼(くびれおに)

縊鬼(いつき)とも呼ばれる鬼で、
これに憑かれると首を括りたくなるという。

鈴木桃野著『反古のうらがき』に以下のような話がある。

江戸の麹町で某組合が酒宴を開いていたが、
いつも来る落語をする者が来ず、
来たと思えば喰違門(くいちがいもん)で約束があると言い、
帰ろうとするので訳を聞くと、
首を括らなければいけないと言った。

組頭は酒を飲ませて落ち着かせたところ、
しばらくすると誰かが喰違門で首を括ったと騒ぎになり、
組頭はこれで縊れ鬼が落ちたと言ったという。

男は、
そこで誰かに首を括れと言われ、
どうしてか断れないので、
組頭に断ってから首を括ろうとしていたという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。