参考文献はこちら

2010年11月01日

とりあえず、かぶきり小僧

kabukirikozou.jpg

かぶきり小僧(かぶきりこぞう)

千葉県と茨城県の寂しい山道や夜道に現れ
「水飲め水飲め」
と声をかけてくるという。

なぜ
「水を飲め」
と言うかはわからない。

おかっぱ頭の小僧で
丈が短い変な着物を着ているという。

狢が化けたものだといわれており、
かぶきり小僧と思われる化物の話がある。

藁をすぐるところで長太郎という子が、
友達二三人と遊んでた。

すると何処から来たかわからない子が、
着物を頭から被り顔を隠して宙返りを始めた。

何者かと着物を剥ごうとしても剥げず、
手だけでも引き釣り出してみると毛むくじゃらだった。

化物だと叫ぶと大人たちが棒を手に出てきたので、
それは着物を打ち捨て、
大きな狢の姿を現し、
逃げていったという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小僧系の妖怪ってシュールなのが多いですよね。

ただ、豆腐見せるだけ。

袖引くだけ。

そこが、たまらなく愛おしいのです!我が国の妖怪は!!
お風邪など召されぬよう、御自愛ください。そろそろ、妖怪の時間だ・・・人間は眠らねば!おやすみなさい。
Posted by 九十九里の河童 at 2010年11月01日 23:33
>>九十九里の河童様
なんでそんなことをするのか
意味がわからない。
それが愛らしいですね、
この国の妖怪たちは。
怖くて、愛嬌があって……。
だから大好きです。

風邪はすでに我が体内に!
病には寝るのが一番です。
尼彦のイラストでも眺めながら体を休めるとします。
おやすみなさい。
Posted by 妖怪たま at 2010年11月06日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。