参考文献はこちら

2010年10月05日

とりあえず、白粉婆

osiroibabaa.jpg

白粉婆(おしろいばばあ)

鳥山石燕著『今昔百鬼拾遺』にも紹介されており、
石川県能登半島や
奈良県吉野郡十津川流域に出るという老婆の妖怪で、
白い衣に曲がった腰、
大きな笠にはいつも大量の雪が積もっており、
片手に杖、
片手に徳利を持っているという。

雪の夜に酒を買いに行くという。

顔は白粉を塗ったように白い。

「脂粉仙娘(じふんせんじゃう)」
という白粉の女神に
侍女として仕えているという。

吉野郡では白粉婆さんといい、
鏡をじゃらじゃら引きずっているといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。