参考文献はこちら

2010年10月03日

とりあえず、オバリヨン

obariyon.jpg

オバリヨン

新潟県三条市に現れたという妖怪で、
夜道を歩いていると突然背中に飛び乗り、
頭をかじるといわれている。

そのためこの地域では
夜道を歩くときは金鉢を被ると良いとされている。

「バリヨン」
とは
「負われたい」
という意味の方言である。

夜藪道などを歩いていると
「オバリヨン」
と叫んで背中に飛び乗るものが現れ、
肩が急に重くなり押しつぶされそうになるともいわれている。

振り払おうとしても振り払えないというが、
ある力持ちが家まで連れて帰り、
庭石に落としたところ
それは小判の入った壷であったという。

全国各地に似たような妖怪がいるが、
その多くが耐え切れれば
力や富を手に入れることが出来るものが多い。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。