参考文献はこちら

2010年10月02日

とりあえず、海小僧

umikozou.jpg

海小僧(うみこぞう)

静岡県や岩手県などの海に出るという妖怪で、
岩手県下閉伊郡普代村の海小僧は
海の中に潜んでおり
三歳くらいの子供のような姿をしており、
毛の生えた蓑のようなものを纏っているという。

静岡県加茂郡南崎村に出た海小僧は、
大瀬の下流の仏島で釣りをしていた人の前に現れた。

釣り糸をたぐり、
海面に目の際まで毛を被った顔を出し、
にこりと笑ったという。

釣りをしていた人はあまりに恐ろしく感じたのか、
後にタンカンバというところに地蔵尊を建てたといわれている。

海坊主の一種だと思われるが、
出会ったから襲われたとか、
災害に見舞われたという話は聞かないので、
驚かすだけの妖怪なのかもしれない。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。