参考文献はこちら

2010年10月01日

とりあえず、海座頭

umizatou.jpg

海座頭(うみざとう)

鳥山石燕著『画図百鬼夜行』にある妖怪だが
とくに解説のようなものはない。

琵琶を背負った座頭の姿で描かれている。

一説には海坊主の一種だといわれており、
この姿を見ると必ず災害が起きるという。

また、海を通る船を手招きしては難破させたり、
船ごと丸呑みにしてしまったりもするといわれている。

海坊主や海難法師、
海和尚などの別の海の妖怪でも同じような解説を見ることがあるが、
元は同じ妖怪で別の名前で呼ばれているだけという可能性もある。




posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。