参考文献はこちら

2010年09月23日

とりあえず、海坊主

umibouzu.jpg

海坊主(うみぼうず)

「海法師」
「海小僧」
「海入道」
とも呼ばれる妖怪で、
舟より巨大なものもいれば、
十センチほどの大きさのもいる。

その姿は多くが黒くヌメヌメしたような姿で、
目が光るものや嘴のあるもの、
目も口も鼻もないものなど様々にいわれている。

按摩に化けて漁師の妻を殺すような、
化ける力を持つものもいるようである。

月末や盆、大晦日などに
海に出るとよく出会うといわれている。

海坊主を見かけた場合、
黙ったまま通り過ぎるのを待った方が良いようで、
もし声を上げようものなら舟を転覆させられてしまうという。

また漁のときに海の神に捧げ物をしないと、
大量に押し寄せてくるというともいわれている。

9/23午後追記
イラストの海坊主に影を入れ忘れたので
差し替えました。
寝ぼけてたのかな……。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。