参考文献はこちら

2010年08月30日

とりあえず、大嶽丸

ootakemaru.jpg

大嶽丸(おおたけまる)

『御伽草子』の『田村の草子』に登場する
伝説の鬼で鈴鹿山を根城にしていたことから
「鈴鹿山の大嶽丸」
とも呼ばれる。

鈴鹿山の往来が途絶え、
都への貢物も届かなくなり、
帝が藤原俊宗――坂上田村麻呂がモデル――に討伐を命じた。

藤原俊宗は天女の鈴鹿御前の協力を得て、
大嶽丸の持つ三本の宝剣のうち、
二つを奪うことに成功し、
見事討ち果たす。

残り一つの宝剣は大嶽丸の叔父が預かっており、
その力により大嶽丸は復活、
再び悪事を働く。

藤原俊宗と鈴鹿御前は再び討伐に向かい、
激しい戦いの後、
完全に打ち取ったという。

宮城県の鬼首の名前の由来は
大嶽丸の首をこの地ではねたからだといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。