参考文献はこちら

2010年08月29日

とりあえず、鈴鹿御前

suzukagozen.jpg

鈴鹿御前(すずかごぜん)

三重と滋賀の県境にある
鈴鹿山に伝わる伝説の鬼女で、
「立烏帽子(たてえぼし)」ともいう。

『御伽草子』の『鈴鹿の草子』や『田村の草子』にもその名前が載っている。

伝説によっては
盗賊、天女と姿を変えるが、
美しい姿をしており、
妖術を使ったといわれる。

鈴鹿山の大嶽丸、
または悪路王と手を組んで
日本転覆を企んでいたとも、
求婚され困っていたともいわれている。

藤原俊宗――坂上田村麻呂がモデル――に討たれ改心し、
共に大嶽丸や悪路王などの鬼を退治したといわれている。

後に二人は夫婦となり、
幸せに暮らしたという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。