参考文献はこちら

2010年08月09日

とりあえず、塗仏

nuribotoke.jpg

塗仏(ぬりぼとけ)

鳥山石燕著『画図百鬼夜行』に
黒い肌をした仏のようなものが、
目玉を飛び出し舌を出して
驚かそうかとしている姿が描かれている。

仏壇を大事にしないと現れるともいわれており、
自ら仏壇の手入れをしたりする。

または狐狸の類が化けたもの
であるという地方もあり、
その場合は信心深く仏像にお参りする人を
驚かすという悪戯をするといわれている。

だが実際に描かれた『画図百鬼夜行』や
元になったと思われる『化け物づくし』には
説明がなく、
どんな妖怪であるかは詳しくはわからない。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。