参考文献はこちら

2010年07月28日

とりあえず、川熊

kawaguma.jpg

川熊(かわぐま)

秋田県雄物川(おものがわ)に出たという妖怪。

秋田候の先代で謚(おくりな)を天英院という殿様が
雄物川に舟を浮かべ、鉄砲で猟をしていたところ、
水底から手が伸びてきて鉄砲を奪ってしまった。

後に水練の達者な部下が
雄物川で一番の魔所という洪福寺淵という場所に潜り、
川熊から鉄砲を取り返したという。

それが後に
「川熊の御筒」
と呼ばれ、
佐竹藩の什宝となったといわれている。

また、雄物川下流では
川岸に舟を繋いでいたところ、
深夜に激しい水音がして、
猫のような両手をかけるものがいたという。

驚いた舟の持ち主は鉈を振り回したところ、
それを切り落とし、
のちに
「川熊の手」
と呼ばれるようになったといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。