参考文献はこちら

2010年07月26日

とりあえず、あまめはぎ

amamehagi.jpg

あまめはぎ

石川県能登半島に伝わる民俗行事で、
異形の者が大晦日や正月七日などの
年替りの晩に家々を訪れ、
厄落としや子供の怠惰を戒める。

「あまめ」
は怠け者の足にできるたこのようなもので、
それを「剥ぐ」ことから
あまめはぎと呼ばれる。

天狗、ガチャ、猿の三人一組の地域もある。

ガチャは鼻ぺちゃの面を被り、
蚤と細工槌を持ち、
猿は大きな布袋を持つ。

三人は無言で家の中に入り、
天狗が神棚の下で修祓(しゅばつ)をし、
ガチャと猿が
「言うことを聞かないと袋に入れてしまうぞ」
などと脅す。

秋田県に生剥がいるが、
それと似たような妖怪であり、
全国各地に似たような妖怪がいる。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。