参考文献はこちら

2010年07月24日

とりあえず、網切

amikiri.jpg

網切(あみきり)

鳥山石燕著『画図百鬼夜行』にある妖怪で、
海老のような体に蟹鋏のような手を持ち、
鳥のような頭をしている。

網切は名前の通り、
漁業などで使う網や網目の蚊帳を切り裂く妖怪で、
朝様子を見に行くと
刃物で切られたかのように引き裂かれているという。

海老に似た節足動物である
「アミ」と「網」をかけて、
「髪切」という妖怪をモデルに
鳥山石燕が創作した妖怪であるともいわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。