参考文献はこちら

2010年07月12日

とりあえず、目々連

mokumokuren.jpg

目々連(もくもくれん)

鳥山石燕著『今昔百鬼拾遺』に紹介される妖怪で、
障子にたくさんの目玉が現れた姿で描かれる。

碁盤に注がれる碁打師の目の念が
障子に憑いたものであるといわれており、
碁打師の住んでいた廃屋に現れるようだ。

山田野理夫著『東北怪談の旅』に
江戸の材木商人が宿代を浮かせようと空き家に泊まったところ、
障子に無数の目が現れたという話がある。

商人は驚きもせず、
それらを獲って眼科医に売り払ってしまったという。

これも目々連の一種ともいわれているが、
似たような話に目々連の名前を当てはめただけだともいわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。