参考文献はこちら

2010年05月07日

とりあえず、鎌鼬

kamaitati.jpg

鎌鼬

鎌のように鋭い爪を持つ鼬の姿で描かれる、
風に乗って人を切る妖怪で各地の山間部によく現れる。

「窮奇」「構太刀」とも書く。

鋭い爪のために切られても痛みがないといわれているが、
地方によっては三人の神様であるともいわれており、
一人目が突っかかり、
二人目が切り裂き、
三人目が薬を塗るために痛みがないという。

また鬼神の刃に当たったために切れたものだともいわれており、
そのために「構太刀」とも書く。

「窮奇(きゅうき)」は
中国の神話に出てくる怪物で四凶の一つといわれている。

鎌鼬が窮奇と表記された理由はよくわからないが、
一説には窮奇が風神の一種であると伝えられ、
同一視されたのではないかといわれている。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。