参考文献はこちら

2010年05月06日

とりあえず、加牟波理入道

kanbarinyuudou.jpg

加牟波理入道(かんばりにゅうどう)

便所の妖怪で厠の神ともいわれている。

大晦日の夜に便所で
「加牟波理入道郭公(ほととぎす)」と唱えれば、
一年妖怪を見ることなく過ごせるといわれているが、
逆にその言葉を思い出すと不幸になるともいわれている。

また雁婆梨入道という字をあて、
便所でこの名を唱えると入道が現れる。

その頭を取り、左の袖に入れてまた取り出すと、
頭は小判になっているともいわれている。

郭公と書いてホトトギスと読むのは、
江戸時代ではカッコウと混同されていたためである。

厠の神を「紫姑神」と呼ぶ。

紫姑神は中国の便所の神であり、
紫姑は実在した女性だという。

正月十五日に夫の愛人に便所で殺され、
その後祀られ、神となったという。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。