参考文献はこちら

2010年05月01日

とりあえず、土転び

tutikorobi.jpg

土転び

中部地方の峠に良く出たという妖怪で、
藁打ち槌のような姿で転がってくる。

驚いて慌てて逃げると、
それは先に転がり落ち下で待ち構えている。

気味が悪く思い避けて通ると道に迷ってしまうというが、
害のないものなので慌てず逃げないでいるか、
そのまま通り過ぎれば何もしないという。

峠の神様であるともいわれ、
旅人を守るものだといわれている。

「槌転び」と呼ばれる妖怪もいる。

槌のような蛇が足元に転がり落ちてきて
足に噛み付くという。

「小豆洗い」の正体ともいわれている。

ちなみに「土転び」に関係はないのですが
「槌転び」をコピーしようとCTRL+Cを押して
ペーストをしたら
「クリプトコッカス・ガッティ」という単語が
コピーされていました……。
なんか怖い……。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。