参考文献はこちら

2010年04月19日

とりあえず、置行堀

oitekebori.jpg

置行堀

本所七不思議のひとつに数えられる怪異。

よく魚が釣れる堀があり、
魚篭がいっぱいになるほどの大量で帰ろうとすると、
どこからともなく「おいてけ〜おいてけ〜」と声がする。

気のせいと思いそのまま帰ると、
魚篭の中が空っぽになっている。

錦糸町あたりの堀だとか、
伊勢崎線掘切駅の近くに置行堀と呼ばれる池があったとか、
はては埼玉川越にもあったなどといわれる。

声の正体は大川獺ともいわれているが、
女の幽霊を見たという人もいたらしい。

「おいてけぼりをくらう」の語源である。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。