参考文献はこちら

2010年04月12日

とりあえず、お菊虫

okikumusi.jpg

お菊虫

お菊という女性が
想いを残して死んだ後に虫となったといわれる妖虫で、
有名なところでは番町皿屋敷のお菊だろう。

十枚ある大事な皿を一枚割ってしまい、
身を投げたお菊が幽霊となって
毎夜皿を数え続けるという話だが、
その井戸から妖虫が出てきたという。

人々はお菊の怨念だと噂し恐怖した。

また大和北葛城郡に伝わるお菊虫の話もある。

貧しい家に育ったお菊が、
米倉に侵入し米を盗もうとしたが見つかり逃走するが、
隠れた樫の木にて見つかり、突き殺された。

その後、その樫の木に
櫛の形をした蛍のように光る妖虫が沸き、
その村より上流には現れなかったことから
お菊の怨念が虫に憑いたのだと皆噂したという。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。