参考文献はこちら

2010年03月05日

とりあえず、百目

hyakume.jpg

百目

体に百の目を持つ妖怪で、
目が多すぎて眩しいのか昼間は現れず、
夜中にその姿を現す。

人に出会うとその体中にある目の一つを飛ばし、
どこまでも追いかけてくるという。

古寺や廃寺によく出るという。

その姿、性質、目的などが書かれた書籍が
水木しげる著『図説日本妖怪大全』
くらいしか見当たらないことから、
水木しげる氏オリジナルの妖怪の可能性もある。

ただ、百の目を持つ鬼や百々目鬼のように
百の目を持つ妖怪は多数いるので、
そのうちのひとつ、
もしくはそれらの総称が百目なのかもしれない。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。