参考文献はこちら

2008年11月13日

とりあえず、妖怪百鬼夜行 鬼の九十五

沼御前 ぬまごぜん

鬼095沼御前_s.jpg

会津の金山谷という所にある大沼に
この沼御前という妖怪が住んでいるという。
髪の長さは六メートルほどある美女という。
この大沼の深さはどれほどかわからないというくらい
深いというので、その深さと同じくらい長いのかもしれない。

山谷三右衛門という猟師が
沼で鉄漿をつけている沼御前を撃ったところ
水底が雷電のように鳴き、
波が岸を洗い、
黒雲が立ち込めたという。
幸い祟りはなかったようだが
恐ろしい思いをしたというのは間違いないだろう。

沼御前はこの沼の主だったという。
山でも川でも悪さをすればそこの主が祟りを起こす。
もしかしたら、この美女はただ水浴びをしていた
髪の異様に長い普通の女性だったのかもしれない。
そうだとしたら、その様子を見た主が
猟師を懲らしめようと驚かせたのかもしれない。
怪しいといって闇雲に銃など撃たない方が良い。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。