参考文献はこちら

2008年09月08日

とりあえず、妖怪百鬼夜行 鬼の三十四

面霊気 めんれいき

鬼034面霊気_s.jpg

九十九神――つまり、器物の変化の一種で
古い面が夜になるとひとりでに
動き出すという。

面というのは大体は
人間の顔を形作ったものであり、
四つ向かわせれば話をするとも言われているくらい
霊が篭り易いものなのかもしれない。
まあ、動いて何をするというわけではないので
安心なので大丈夫。

面は世界各地にいるので
きっと、このような妖怪は
世界各地にいるのではないかなと
思うのです。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。