参考文献はこちら

2023年01月23日

とりあえず、日和坊

1041日和坊.png

日和坊

主な出身地:茨城

鳥山石燕著『今昔画図続百鬼』には
岩肌に坊主が浮かび上がっているような姿で
描かれている妖怪で、
とくに悪さはせず、
これが出ると天気がよくなるといわれている。

茨城県の山奥に現れるといわれ、
これが出ると天気がよくなることから、
日和坊の形をしたものを吊るして、
天気になるように願ったという。

後にこれがテルテル坊主になったといわれており、
雨乞いの時には黒い坊主頭にして吊るしたともいわれている。

中国の日照りの神である魃が、
日本に伝わり日和坊になったともいわれている。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月09日

とりあえず、桂男

1040桂男.png

桂男

主な出身地:月?

月の隈はよく兎に喩えられるが、実は桂男という妖怪である。

『桃山人夜話 絵本百物語』に描かれている妖怪で
「『総合日本民俗語彙』によれば、和歌山県東牟婁郡下里町の伝承では、
満月でない時に、長く月を見ていると”桂男”にさそわれるといわれていた」
と説明がある。

桂男に誘われると、
寿命が縮むといわれており、
これは月の神である月読命(つくよみのみこと)
のイメージからきているとある。

『西陽雑俎』によると、
桂男は元々は西河の人間で姓を呉、
名を剛と呼び、仙法を学んだ罪で、
月の桂の木を刈る罰を受けているという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。