参考文献はこちら

2022年12月05日

とりあえず、暮露暮露団

1037暮露暮露団.png

暮露暮露団

鳥山石燕著『画図百器徒然袋』に描かれている妖怪で
「普化禅宗を虚無僧と言ふ。虚無空じゃくをむねとして、
いたるところ薦むしろに座してもたれりとするゆへ、
薦僧とも言ふよし。職人づくし歌合に、
暮露暮露ともよめれば、
かの世捨人のきふるせるぼろぶとんにやと、
夢の中におもひぬ。」
と記されている。

ぼろ布団の付喪神であり、
石燕は吉田兼好著『徒然草』から
『画図百器徒然袋』の妖怪の多くを創作したとされ、
これもその一つ。

半僧半俗である
「暮露暮露(ぼろぼろ)――梵論梵論とも書かれる――」と
「ぼろ蒲団」を組み合わせたものといわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする