参考文献はこちら

2014年12月10日

とりあえず、食人鬼(リクエスト)

食人鬼.jpg

人食鬼(じきにんき)

小泉八雲著『怪談』に名のある妖怪。

夢窓国師が美濃国
――現在の岐阜県の行脚中に、
宿を借りた村に現れたという。

姿は、もうろうとした大きな姿をしているという。

村に死者があったその晩に現れて、
遺骸と供え物を食い尽くしてしまうという。

そのため、村では死者があった場合、
遺骸を置いて、一晩村を空けるのが決まりなのだという。

生前、僧でありながら、
衣食の事ばかり考える邪念を持つ者は、
死後「食人鬼」になるという。

夢窓国師が出会った「食人鬼」の正体は、
山の中の庵室で、村の存在を教えてくれた僧であった。

夢窓に姿を見られたことを恥じ、
生前の事を話して、どうかお救いくださいと言って消えた。

そこには五輪塔の古い墓だけが残されたという。

似た妖怪に、
生前人の物を盗ってでも食べる人が、死肉まで食べる
「狐者異」
になると『桃山人夜話 絵本百物語』にある。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

とりあえず、黄龍(リクエスト)

黄龍.jpg

黄龍(こうりゅう)

黄色は中国では高貴で、
選ばれた人しか着用してはいけないという色であったという。

黄色の龍である黄龍は、
瑞獣であり、
出現したときに
「黄龍」
と改元されたこともあるという。

五行思想では東西南北に
「青龍」「白虎」「朱雀」「玄武」を配置し、
中央に
「黄龍」
が配置されるといわれる。

中央が
「麒麟」
に置き換わっている場合もある。

色は黄で、
黄色に対応する
土徳の時代によく出現したといわれている。

黄色の龍であるが、
頭と角を赤とした黄龍の図もあるという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

とりあえず、玄武

玄武.jpg

玄武(げんぶ)

亀に蛇が巻きついた姿で描かれる神獣。

全ての甲殻虫類の長だといわれる。

玄武の「玄」は「黒」、
「武」は「甲羅」を表す。

五行思想とも関係があり、
北を守護し、
色は玄(黒)、
水の精であり、
季節は冬である。

宋代には「真武」と呼ばれたという。

中国の神話に亀は大地を支えるというものがあり、
玄武もそのひとつだといわれている。

中国の神
「玄天上帝(げんてんじょうてい)――真武大帝(しんぶたいてい)とも呼ばれる――」
は玄武の事であり、
上記の名で呼ばれる時は、
黒い服を纏った男性の姿で描かれるという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

とりあえず、朱雀

朱雀.jpg

朱雀(すざく)

四神獣の朱雀は「鳳凰(ほうおう)」のことで、
道徳に満ちた世界にに現れるという神獣。

全ての鳥の長だといわれる。

五行思想とも関係があり、
南を守護し、
色は朱(赤)、
火の精であり、
季節は夏である。

様々な色で彩られており、
五色
――黒、赤、緑、白、黄の縞模様の羽を持ち、
とても美しいという。

また、
首に「徳」、
翼に「義」、
背に「礼」、
胸に「仁」、
腹に「信」の
文様が浮かぶともいわれている。

『和漢三才図会』によれば、
背丈は四五尺、
様々な鳥が合成された姿をしているという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。