参考文献はこちら

2014年10月21日

とりあえず、蛇女(リクエスト)

蛇女.jpg

蛇女(へびおんな)

蛇は、
毒からは死を、脱皮からは再生を、巣穴からは地獄を連想させることから、
古くから信仰の対象とされてきた。

また、ぬめぬめと光る鱗や、
獲物に巻きついて仕留めることから、
粘着的な性格とも関連付けられ、
嫉妬や妄執の化身とも考えられるようになった。

そのことからか、
嫉妬深い女と関連付けられる事が多いが、
蛇が男の姿になって女の下に現れる話も多い。

蛇が化けた女の妖怪を蛇女とも称すだろうが
「熊娘」「鬼娘」のように、
見世物小屋で見世物に「蛇女」がいたという。

蛇の刺青をしていたとか、
蛇を体に巻きつけてかじりついたりするのが多くだが、
体に蛇の鱗が生えていた人もいたという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

とりあえず、平四郎虫

平四郎虫.jpg

平四郎虫(へいしろうむし)

山梨県西八代郡六郷町
――現代の市川三郷町に伝わる怪虫。

平四郎が山遊びから村へ帰ってくると、
庄屋の蔵から宝物が盗まれたと騒ぎになっていた。

鍵はかかっており、
小さな穴が開いていた。

平四郎が、
ここから侵入したのではと言ったが、
村人は無理だと言い、
ならばと入ってみせた。

すると役人は、
平四郎が犯人だと決めつけ、
助けを求めても村人は誰も助けてくれなかった。

平四郎は、虫となって復讐すると言い残し、
打ち首になった。

翌年、村に虫が大発生し、
農作物が食い尽くされてしまった。

村人は、
平四郎の霊を鎮める為にお堂を建てて、祀ったという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

とりあえず、猿夢(リクエスト)

猿夢.jpg

猿夢(さるゆめ)

インターネット上で、最も怖い話、
検索してはいけない単語などで知られる都市伝説。

夢の中で見知らぬ駅に立っていると、
電車がくるとアナウンスがあり、
遊園地のお猿さんが乗るような電車がやってくるという。

電車に乗ると、
駅名のように殺し方のアナウンスがされ、
その方法で乗客が次々と惨殺されていく。

次は自分というところで、
殺し方のアナウンスが聞こえると、
目を覚ますというものである。

ただの夢だと思っていると、
またその夢を見て、また直前で目を覚ますが、
そのときに、
次来た時が最後、
とアナウンスが聞こえるという。

この話を聞くと、
聞いた人がその夢を見るともいわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

とりあえず、鳩人間(リクエスト)

鳩人間.jpg

鳩人間(はとにんげん)

村山民俗学会の
『会誌 山形民俗 08号』の
「高橋敏弘」氏による民俗コラム
「鳩人間と言う怪物」
に載っているという妖怪。

魔界の使いだというが、
私はこちらの資料を持っていないため、
詳しい解説は各自検索にてお願いいたします。
申し訳ありません。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。