参考文献はこちら

2014年09月01日

とりあえず、玉藻前(リクエスト)

玉藻前.jpg

玉藻前(たまものまえ)

「玉藻前」
は、鳥羽上皇の愛妾であり、
三国を美貌と悪事で混乱させた
「金毛九尾の狐」
の化身だといわれている。

「玉藻前」はもともとは二尾の古狐であったが、
『封神演義』の影響により、
江戸中期に九尾の狐とする説が広がり、
『三国悪狐伝』の中で通説化したみられると、
小松和彦監修『日本怪異妖怪大事典』にある。

九尾の狐は子孫繁昌を予兆する瑞獣であったが、
室町時代の『玉藻の草子』や
能の『殺生石』などの芸能、
浮世絵などによって、
妖狐として知られるようになったという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(4) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。