参考文献はこちら

2014年08月06日

とりあえず、稲福婆(リクエスト)

稲福婆.jpg

稲福婆(いなふくばあ)

沖縄県に伝わる、
海で行方不明になり、
帰ってきた女性の名前である。

竜宮の事を
「ニライカナイ」
「儀来河内(ぎらいかない)」
と呼ぶことから
「儀来婆(ぎらいばあ)」
とも呼ばれる。

稲福婆は知らぬ間に竜宮につき、
そこで暮らしており、
食べ物は貝類だけであったと言い、
黄色い液を吐き出したという。

戻ってきた時の姿は、
元の姿とはあまりにも異なっていた為、
彼女が語るまで誰も稲福婆とは気づかなかったといわれている。

儀来家内の事を聞いても話すことはなかったが、
王が話を聞きたいと彼女を呼んだ。

一目見ようと大勢が集まったが、
彼女が手を両脇に当てると、
忽然と消えてしまったという。

後に上ヌ獄で見つかったといわれる。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。