参考文献はこちら

2014年06月26日

とりあえず、六右衛門狸

六右衛門狸.jpg


六右衛門狸(ろくえもんだぬき)

徳島県名東郡津田浦
――現在の徳島市に伝わる化け狸で、
穴観音の付近の狸穴に棲んでいたといわれ、
それが穴観音の名前の由来ともいわれている。

四国狸の総大将だったといわれ、
息子に「千住太郎」
娘に「鹿の子狸――小安姫とも」
がいる。

「阿波狸合戦」で「金長狸」と戦ったことで有名である。

六右衛門狸の元で修行した金長狸を、
娘の息子婿に迎えようとしたが、
金長狸は辞退した。

六右衛門狸は、
辞退したのは反逆心からだと判断し、
それが原因で「阿波狸合戦」が起きたという。

六右衛門狸は合戦で戦死し、
金長狸もその時の傷が原因で、後に息絶えたという。

息子の「千住太郎」が跡目を継いだという。

現在、穴観音に
「六右衛門大明神」
「千住太郎大明神」
「鹿の子大明神」
として祀られている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。