参考文献はこちら

2014年04月03日

とりあえず、狸の馬鹿囃子(リクエスト)

狸の馬鹿囃子.jpg

狸の馬鹿囃子(たぬきのばかばやし)

日本各地に伝わる音の怪異の正体を、
狸の仕業と考える地域は多い。

夜中にどこからともなく
笛や太鼓のまるで囃子のような音が聞こえた場合「狸囃子」、
江戸の下町では「馬鹿囃子」とも呼ばれた。

時には近く、
時には遠くから聞こえてくるその怪異に誘われ、
ふらふらと歩き回り、
夜が明けると、
見知らぬ場所に放り出されているのだという。

狸囃子が描かれるとき、
狸の腹鼓を打つ姿で描かれることが多いが、
陰嚢を太鼓に化かして叩く姿でもたびたび描かれる。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。