参考文献はこちら

2014年02月28日

とりあえず、バーサレ

バーサレ.jpg

バーサレ

現代都市伝説の一つで
「バーニシャル」
「ババサレ」
とも呼ばれる。

婆の姿をした妖怪で、
この話を聞いた人の所に必ず現れ、
そのときに名前を三回
――「バーサレ」なら「バーサレバーサレバーサレ」――
唱えられないと、
殺されたり、連れ去られてしまったりするといわれている。

現れ方も、
夜中にドアを三回叩く、
夜中四時に目が覚めると遠くに見え、毎夜近づいてくる、
等様々に伝わっている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

とりあえず、髪結び猫

髪結び猫.jpg

髪結び猫(かみむすびねこ)

京都府亀岡市西別院村字神地
――現在の西別院町の府道の傍、
五六間ほど下の墓に出たという化け猫。

火の玉が出たと思うとその下に、
髪を長く垂らした十七八歳の女性の姿で現れるという。

火の玉が出たかと思うと、
その下でしきりに髪を結っているともいわれている。

祟るわけでもなく、
不吉なこともないようで、
何故髪を結っているのかも不明である。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

とりあえず、宗固狸

宗固狸.jpg

宗固狸(そうこたぬき)

茨城県飯沼
――現在の常総市に伝わる化け狸。

弘教寺(弘経寺)に墓があるという。

寺の僧に化けて、
寺院の物品の収納や会計などを扱っていたという。

ある日、
昼寝をしていたところ正体を現してしまったが、
長く寺務をこなしていたこともあり、
その後も仕え続けたという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

とりあえず、ハギキラウヮークヮ

ハギキラウヮークヮ.jpg

ハギキラウヮークヮ

鹿児島県奄美大島に出るという妖怪。

足がない子豚の妖怪で、
八十センチ程の大きさだといわれる。

まるで俵の様にくりくりと転がってくるという。

千葉幹夫著『全国妖怪事典』では
「ハギハラウヮークヮ」
と表記されている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

とりあえず、ヒッパリドン

ヒッパリドン.jpg

ヒッパリドン

伊豆諸島三宅島三宅村坪田に伝わる化け猫。

氏神二宮神社の手前にある
椎の木の茂みに棲んでいるという。

人を化かしたり、
ひっぱったといわれている。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

とりあえず、打綿狸

打綿狸.jpg

打綿狸(うちわただぬき)

香川県多度津町に伝わる化け狸。

綿打屋が二軒あったという付近に出るといわれ、
綿に化けて道に落ちているふりをしているといわれている。

拾おうとすると動いて逃げ、
天にまで上っていってしまうといわれている。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

とりあえず、ヨウユウ

ヨウユウ.jpg

ヨウユウ

富山県婦負郡駒見村
――現在の富山市駒見に伝わる妖怪で
「鍛冶婆(かじがばばあ)」の類。

ある山伏が夜間に呉羽山の古坂を通ると、
狼の群れに遭遇し、彼は高木に登って逃れた。

すると狼たちは重なり、
一番上に老婆が跨り、
山伏を引きずりおろそうと手をかけた。

山伏は持っていた短刀で肘を切り落としたところ、
狼たちは何処かへ散っていった。

翌朝、山伏が駒見村に着き、
「ヨウユウ」という家で一休みさせてもらおうとすると、
召使いの老婆が怪我で泣き叫んでおり、
山伏の姿を見ると一目散に逃げ出し、
行方知れずになったという。

『越中旧事記』に
「ユウユウ」
という、
昼は尼で夜は狼になる妖怪が駒見村にいたとあり、
山伏に足を切られ姿を消したとあるが、
「ヨウユウ」と同じものだろうと思われる。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

とりあえず、白児(リクエスト)

白児.jpg

白児(しらちご)

鳥山石燕著『画図百鬼夜行』では「犬神」、
国書刊行会刊『続・妖怪図巻』収録『化け物づくし湯本C本』では「大坊主」
と共に描かれる妖怪。

「犬神」もしくは「大坊主」の弟子だといわれているが、
詳しい事は不明。

『画図百鬼夜行』では人の様な、
『化物づくし』では着物を着た白い犬の様な姿で描かれており、
勉強をしているのか、
師の言葉を書き写しているのかわからないが、
本に文字を書いているようにみえる。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

とりあえず、ギンツチ

ギンツチ.jpg

ギンツチ

徳島県三好郡加茂村
――現在の東みよし町に伝わる化け狸。

藪を通って吉野川に通じる道に出るという。

砧に化けて、
道を転がったり、
川を流れているふりをして、
拾おうと近寄った人を溺れされたりするといわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

とりあえず、ツチカイ

ツチカイ.jpg

ツチカイ

和歌山県日高郡みなべ町に伝わる妖怪。

「ツチカイ」とは穴熊の事で、
穴熊は「貉」とも呼ばれることから、
妖怪の「貉」の別称だと思われる。

「三重の朝日」という所で、
雨や雪の降る日に、
六七歳くらいの子供の足跡が見つかれば、
それは「ツチカイ」のものだといわれる。

赤い毛が背中まで伸びているといわれる。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

とりあえず、ハッテンテン

ハッテンテン.jpg

ハッテンテン

徳島県三好市山城町に伝わる妖怪。

黒川谷に棲んでいるという妖怪で、
言うことを聞かない子供に親が
「ハッテンテンが来るぞ」
と言って脅したという。

正体は不明だが、
「八天狗」が転嫁して
「ハッテンテン」
となったともいわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。