参考文献はこちら

2013年12月25日

とりあえず、画本纂怪興(リクエスト) がらくた

がらくた.jpg

がらくた

森島中良著『画本纂怪興(えほんさんがいきょう)』にある妖怪。

国書刊行会刊『森島中良集』から解説を引用する。

「死損ひ(しにぞこない)のへぼくた、
 化してがらくた親仁となる。
 用に立〔た〕ぬがらくた親仁かうをへて後は其〔の〕家の邪魔となるなり 調面畏」

よぼよぼの爺が
つまみ食いをしているような姿で描かれている。

「がらくた」は
「価値のない物、および役に立たない物」

「へぼくた」は
「くたびれている」
「かうをへて」は
「長い年月を経て」。

隠居した後何もしないようなした人は、
ただ居るだけの邪魔な妖怪になるということだろうか。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。