参考文献はこちら

2013年12月05日

とりあえず、画本纂怪興(リクエスト) ぶら挑燈

ぶら挑燈.jpg

ぶら挑燈(ぶらてうちん)

森島中良著『画本纂怪興(えほんさんがいきょう)』にある妖怪。

国書刊行会刊『森島中良集』から解説を引用する。

「三囲の堤に出て、「待乳や待乳や」と呼。
 其声、今戸・端場の辺まで聞ゆ。
 世にいわゆる向嶋の化物とは異なり。
 三めぐりの鳥居の辺をぶらぶらとぶらでうちんは酒のしよいなり 二盈隠居(にえいいんきょ)有負」

「三囲」は「東京都墨田区に在る三囲神社」の事で、
「今戸」は現在の東京都台東区、隅田川西岸あたりで、
「向嶋」は東京都墨田区、隅田川東岸あたり。

「待乳や」は台東区浅草に「まっちやま」という小丘があり、
それと「待って」を掛けたものだろう。

「送り提灯」のようなものか。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。