参考文献はこちら

2013年12月03日

とりあえず、画本纂怪興(リクエスト) 小路隠

小路隠.jpg

小路隠(こうじがくれ)

森島中良著『画本纂怪興(えほんさんがいきょう)』にある妖怪。

国書刊行会刊『森島中良集』から解説を引用する。

「親方の目を抜参より、遂に小路隠れとなる。
 是ぞ丁稚の悪魔なるべし。
 小路隠のすゝどからんより、
 楊枝隠れの穏しきがまさり侍らん。
 二三日有〔る〕と思へば消〔へ〕うせる小路隠〔れ〕の鬼小僧なり 負勝成」

口から霧のような物を吹く男の姿が描かれており、
霧の中には柄杓を持つ旅人の様な姿がある。

「小路隠」は「身を隠す」、
「抜参」は「主人に内緒で伊勢参詣する事」、
「丁稚」は「奉公する少年」、
「すすどい」は「わるがしこい・すばしっこい」という意味を持つ。

何度も勝手に仕事を抜け出して、
いつか姿を消しているという奉公先泣かせの妖怪なのだろう。

忍術に「楊枝隠れ」という術があり、
人の目を他に誘導して、
その間に忍び込むという技である。

勝手にいなくなられるより、
勝手に忍び込まれている方が良いということだろうか。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。