参考文献はこちら

2013年11月30日

とりあえず、画本纂怪興(リクエスト) 山水天狗

山水天狗.jpg

山水天狗(やまみづてんぐ)

森島中良著『画本纂怪興(えほんさんがいきょう)』にある妖怪。

国書刊行会刊『森島中良集』から解説を引用する。

「『東鑑』に曰、
 「建治年中、南都ノ天狗一夜ノ中ニ人家千余ニ於テ『未来不』ノ三字ヲ書ス云々」
 是は夫には引替て、山・水の二字を以て忽天狗の姿を現ず。
 彼寂仙上人の画たる七天狗の一つならんかし。
 うば玉のまつくら壁におそろしく今にらく書やまみづ天狗 小手巻朝糸」

「山水天狗」とは山と水の二字を草書体で続け描きにして、
天狗の面を横から見た形にしたものである。

この「山水天狗」の横に
「久松 おそめ いろ」と書かれており、
その先に土下座する男の姿が描かれている。

「お染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」という歌舞伎の演目があるが、
関係があるのだろうか。

「東鑑」は鎌倉時代に成立した日本の歴史書のことである。。

「寂仙」は人々に菩薩と敬われた奈良中期の修験僧で、
四国一の高峰石鎚山に籠って心身を清め修行に励んだという。

また、七天狗絵の作者とされる。

「うば玉」は「烏羽玉」、黒いものに掛かる枕詞である。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。